美を探求する

肌断食は自分に合わせたやり方で気長にやるのが効果的な理由とは

様々な表情

肌断食とは、一切スキンケアをしない美容法です。高額なスキンケア商品を購入したりスキンケアに時間をかけたりしても、肌の状態が改善しないと感じている人が一定数いるという現実があり、注目されるようになりました。多くの化粧品には界面活性剤や防腐剤が入っており、肌への刺激や肌の持つバリア機能の低下が懸念されています。肌断食には、肌本来の機能を回復させ保湿力を高める効果があると言われ、実際に挑戦している人もいます。

ただし、肌断食を始めたからといって、すぐに肌の機能が回復するわけではありません。人によって回復には数週間から数ヶ月かかります。スキンケアを念入りに行っていた人ほど時間がかかるとも言われています。その間、乾燥や肌荒れに悩まされることになるため、回復までの期間をどうやって乗り越えるかが最大の問題になります。どんなに肌がひどい状態であっても、仕事等の外出は避けられません。肌断食を始めても、続けられず断念する人が少なくないのです。

そこでおすすめなのが、できる範囲で肌断食を取り入れるという考え方です。例えば、化粧品の使用頻度を少しずつ減らしてみるとか、乾燥がひどいときは我慢せずワセリンを使用するといった方法を取れば、徐々に肌を慣らしていくことができます。普段メイクをするなら、クレンジング剤を使わずに落とせる化粧品にするのも一つのやり方でしょう。その他にも、夜のみ、休日のみ肌断食を行う方法もあります。人それぞれ肌の質が違います。自分の肌に合った方法を負担にならない範囲で取り入れるだけでも、効果を感じられるでしょう。肌の変化を楽しみながら気長に続けていくのも、肌断食を成功させるコツと言えそうです。